最新記事

抽選会商品の弾かないギターを楽器買取屋で安値で売却

今から6年ほど前。某商業施設内で勤務していたころ、全テナント参加のクリスマスパーティに出席したところ、これまでご縁のなかった「ギター」が抽選会で当たってしまいました。ギターについては何の知識もなく、また周りの友人もギターを趣味にしているものがいなかったために、数年後に売却することを決意しました。

売却することにより、少しでも貯金に回せればという期待もあり、ワクワクしながら一軒目の楽器買取店に到着。

一軒目は、一般的な売却ができるところでありましたが、査定時間も通常より短く、査定担当者より発せられたことは、
「こちらを買い取ることはできません」
ということ。

当選商品としてもらったギターは、どこにでも販売しているギターではなく、商品提供した楽器屋さんのプライベートブランドとして作られたものであるということで、値段がつけられないと。そういう理由であれば仕方がないと思い、二軒目に選定したのは商品提供元の楽器買取屋さん。

査定結果は、新品、保管用ケースもあるのに、二千円。売却に持って行った商品は、廃盤になってしまっていて、一番安価で、初心者向けのアコースティックギターのために、もともとの商品金額も高くはなく、金額がつかないとのこと。しかしながら、飾りとして家にディスプレイできるような場所もなく、持っていても仕方がないため、引き取ってもらえるのならと思い、2000円で売却。

期待していた金額とはいかず残念でしたが、売却できて良かったです。

その時にこのサイトを知っていればとも思いましたが‥
楽器買取おすすめラボ | 損しない、相場より高く売る査定額UPの方法
査定額がアップする方法を事前に知っていればもう少し値段が上がったと思います。

初めての楽器買取でしたが満足のいく結果になりました

学生の頃に購入したスクワイヤのエレキギター(バレット)を長年保管していましたが、全く使う機会が無いため買取に出すことにしました。さて、いざギターを買取に出すとなると、一体全体どこに持って行けばいいのか、ちょっとわかりません。いやもちろん、楽器を販売しているお店に持ち込むのが一番安心だとは思うのですが・・。

最近では総合リサイクルショップみたいなお店も増えてきているでしょ。もしかすると、ああいうお店の方が高く買ってくれような気もしまして・・。いかに、不要になったギターとはいえ、それなりに思い入れのある品ですからね。1円でも高く売りたいと思うのが、消費者心理というものです。とまあ、ギター1本売るのにも、何かと悩まされたわけですが、友人の勧めで、イシバシ楽器というお店に査定を依頼することにしました。と言いますのも、このイシバシ楽器、なんと楽器の宅配買取サービスを提供していまして、手軽に買取に出すことが出来るのです。

ホームページには、(あくまでも目安ですが)買取価格リストが掲載されていますし、とても安心して買取に出せそうです。というわけで、イシバシ楽器に買取を依頼したわけですが・・。結果は、4000円の買取となりました。確か1万5千円ほどで購入したギターでしたからね。私としては、10分の1、つまり1500円の査定が付けば万々歳という考えがあっただけに、4000円の買取には大変満足しております。

フェルナンデスのzo-3を楽器買取高額査定ショップで売却しました

私は、学生時代に使用していたフェルナンデスのギター、ぞーさん(zo-3)を近所の楽器屋さんで売却しました。すでに15年ほど経っています。色はエメラルドグリーンで、ソフトケースをセットにして売りに行きました。引越しをして実家を出ることになったので、そのタイミングで売ることに決めました。かなり使い込んでいたこともあり、ティッシュや洗剤などを使ってもなかなか落ちない汚れなどもいくつかあり、また弦も切れていたので、正直買い取ってくれればそれだけでありがたい、くらいの気持ちでした。

楽器買取高額査定ショップでは、一目見たところで「ブルーなら結構人気あるんだけどねえ」と、いきなりへこまされる一言をいただきました。また、洗剤などで落ちない汚れに関しては、「うちである程度は落とせるので大丈夫。キズは15年経っているわりには少ないので、見た目に関してはまあまあの査定ができますね」とのこと。また、弦が切れていることに関しては、「まあもともと弦なんてのは消耗品だから、切れてたら多少割り引くけども大したことないですよ」と言われました。

最終的に査定額は2000円でした。これでも少しオマケしてもらいキリのいい数字にしてもらった結果です。15年前に使って、長いこと押入れに入っていたことを考えたら、なかなか良かったかなと思いました。

親に借金して買った日本製のギターを高額査定してくれた楽器買取で売却

私は大学生の時にバンドをやっていました。兼ねてより私はHR/HMが好きで、そのせいか好きなギターのメーカーも使ってるギターのメーカーもIbanezでした。型番は忘れてしまいましたが、IbanezのPrestageのRGというモデルがどうしても欲しくて、親に借りるという形で半分ほど出してもらいました。総額15万くらいだったと思います。約2年ほど使いました。大学も卒業して就職しギターをやる時間もなくなり、バンドもしなくなったのでギターを売ることを決意しました。弾くたびにメンテナンスもしていましたし、湿度調節剤も使い使用しない期間はハードケースに入れるなど、それなりに丁寧に扱ってきたつもりだったので、漠然と2年使ったけど1万は切らないだろうと思っていました。(さらに日本製でIbanezという人気度もそれなりのメーカーですし。)

しかし、Aという楽器買取の店舗で付けられた値段はなんと8500円。正直かなりショックでした。大型で幅広い商品を扱っているお店なので、あまり丁寧な査定ではないのだろうなと自分を慰めて次の店へ行きました。次のBの楽器買取店は、楽器を専門に取り扱っているお店なので、「今度こそ大丈夫」と願うような気持でカウンターへ行きました。そこでついた値段はなんと3万6000円でした。唖然としました。それと同時にやはり楽器を売るならば、しっかり楽器について専門の知識があるところで査定してもらうべきだなという学びにもつながりました。

ピアノコンクールを頑張る娘にグランドピアノ購入

子供はピアノが大好きです。初めは私が子供の頃に使用していたアップライトピアノで子供は練習をしていました。しかし先生にすすめられピアノコンクールを受けるようになってからは、だんだんアップライトピアノではうまくらないことに気づき、先生から「グランドピアノで練習をしたほうがさらにピアノがうまくなる」と言われ、とうとうグランドピアノを購入してしまいました。

高価な買い物なのでかなり迷いましたが、子供はピアノコンクールで上位入賞するほど頑張っていますし、この先音楽の道を進む可能性が大きいと思って買うことにしたんです。もし子供があまりピアノが好きではない、もう少し大きくなったらやめそうだなと思っていたらグランドピアノは買いませんでした。今は買って良かったと思っています。子供は「アップライトピアノに比べてまったく音が違う。すごくスムーズに弾けるようになった。楽しい」と笑顔で毎日ピアノの練習をしています。私はそれほどピアノが好きではありませんでしたので、アップライトピアノとグランドピアノの違いなんて考えたことはありませんでしたが、子供の練習を見て確かに音がまったく違うなと感じるようになりました。

ピアノの先生が言うには「グランドとアップライトはまったく違う楽器ですから」と。確かにその通りです。最近はピアノを売却する方が増えてるそうで、バブル期に子供の習い事で流行ったピアノが大人になって使わなくなった事で家の邪魔になるかららしいです。楽器買取は高額査定をしてもらえるお店で売却したいですね。

部活で使うために思い切って買ったクラリネット

中学生の時、吹奏楽部に入部しました。今まで楽器はなにひとつ弾けたり吹いたりできないのに、入部見学会で楽器できたらいいなーって思い、入ることにしました。
そこの中学は新しくて今まで吹奏楽部員も少なくて、私たちが入った時は男子も入部したりして、一気に30人近く増えたのでまったく楽器がありませんでした。学校もそんなに手配できないとのことで、ほとんどの子が自分の好きな楽器を勝手に選び買うことになりました。

私は何気にクラリネットを選びました。ビュッフェ・クランボン社のもので楽器の種類は B-11 Bb Clarinet”Evette”製造番号 178580選んだ理由は安かったからです。やっぱり楽器って高いですよね。当時は調べもしないし相場的なこともわかってませんでした。でも部活で使うので買わないわけにはいけないし、正直3年間続けられるかもわからなかったので値段で決めました。

何日かして楽器を手にする子が増えてきて、同じクラリネットでも木製のクラリネットを買った子がいて音を聞いてビックリしました。すごく深みのある音でド素人の私が聞いてもすごい!と違いがわかるほどでした。値段を聞いてまたビックリしました。10万円はしたとのことでした。私のは木製ではありません。3年間クラリネットを続けることができました。未だに持っています。買ったからこそ手元に残っていて青春時代を目にすることができています。楽器買取店に持ち込んで売却なんてとんでもありません。

高校生の時に購入したモーリスのギターを楽器買取査定ショップにて

高校生のときに友人たちがギターを学校で練習するようになり、自分では歌が下手でオンチなのでとても歌をみんなで演奏して歌ったりという勇気はなかったのですが、歌を聞くのが大好きだし、弾き語りができたらいいなあという漠然とした気持ちから東京都の神田に出かけ、そこにある楽器屋で、モーリスのギターがリーズナブルの値段で売っていて、その中のアコースティックギターを購入することにしました。基本的には日本の80年代あたりのヒット曲が大好きで、そうした懐メロを自宅でギターを弾きながら個人で楽しめたらそれでよいと思っていたのですが、お店の人はエレキを勧められました。

指で押さえるのが簡単でアンプに通して使うと迫力が出て楽しいということだったのですが、そういうタイプは好みではなかったので、玄が固いアコースティックを選びました。最初はギター初心者入門編の本を買ってきて見よう見まねで、それなりにやっていましたが、本当にこの弾き方でいいのかという気持ちがあったので、結局独学で学ぶのはやめて、近くのギター教室に通うことにしました。モーリスのギターは軽くて色がとても良くて気に入っています。音楽特に自分で演奏すると、気分がリフレッシュされてとても楽しいです。

さて、このギターですが楽器買取査定ショップに持ち込みますと買った時の1/3ぐらいになりました。